野菜の冷凍保存のおすすめ一挙公開!

今日は野菜の保存方法の中でも冷凍保存についてご紹介させて頂きます。

食材によって、冷凍や解凍OKなものと不向きなものがあります。そのあたりも含めて説明させて頂きますね。

まず、冷凍方法で大切なのは、「急速冷凍」。

時間がかかると氷の粒が大きくなり食材の組織を壊し、味を落としてしまうためだそうです。

そういった意味でも、食材を上手に保存するには、できるだけ小さく薄くすることです。

私は、一口サイズに切ったものをラップで包み、さらにビニール袋やジップロックのような保存袋に入れ、冷凍する日にちを書いて冷凍室へ入れることを心がけています。

野菜の中でも、これはいけると思うものは次の通り。

トマト、キャベツ、きゅうり、オクラ、しょうが、かぶなどです。

トマトは半解凍で食べるとシャリシャリして美味ですよ。逆に不向きだと思うものは次の通り。大根、じゃがいも、玉ねぎ、もやしなどです。

解凍時、大根は繊維が、じゃがいもは変色が気になりますし、玉ねぎともやしはかなり水っぽくなり美味しくないです。このように、食材を選んで小さく保存をポイントに、私は冷凍保存を活用しています。

で、今一番おすすめの保存方法がフードセーバーを使うこと!

フードセーバーを使えば、普通に保存するより長く保存できるんです♪

詳しくはこちらの記事にてど~ぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です