癌に負けない体づくりは食事から考えましょう。

癌は誰もが突然宣告される可能性があり、治療の期間がかなりかかるか命にかかわる病気です。それを知らないうちに毎日の食生活等で、予防していくことを考えながら過ごすことができれば、後々大変な状態になってしまうことも防げるはずです。私は自分の家族が癌で亡くなっているため、幼いころより親が将来同じようなことにならないようにと、食事に関して癌になりやすい食生活を送らないように気を配って、いつも食事を作ってくれていました。その経験から、どんな食材をよく摂っていたか、またどんな食材を摂りすぎると癌になりやすいと言われているのかを紹介いたします。

一般的によく聴かれる話だと思いますが、まず塩分の摂りすぎは一番癌になりやすいと言われます。それは体内にあるミネラル等の栄養分のバランスが悪くなってきて、体を作っている細胞が働きが悪くなるそうです。最近では減塩のお味噌、醤油等の調味料が増えてきているのは、塩分に関しての認識がかなり広がってきて、病気の予防のためにも摂りすぎは良くないと知られているからです。

次に、積極的に使われていた、食べていた食材は、椎茸(きのこ類)、野菜(特にニンジン、ホウレンソウ等)、果物(りんごとレモン等)、ワカメ、納豆やキムチ(発酵食品)は、大体毎日調理法を代えて食卓に並んでいました。特に椎茸のゆでたものと、ニンジン、りんごはほぼ定番で必ず出てきていました。椎茸やワカメは古くから免疫力がアップするという事で、癌の予防の食材と言われていたそうで、これは腸内をきれいにするためにも良いです。ニンジンとりんごは、ジュースにして飲んでいましたが、それも家族が癌になった後で、食事療法を勧められた時当時担当のお医者様から、いくつかの食材を勧められた中で、この2つはジュースにして飲むと癌細胞が嫌がる成分が含まれていると聴き、その癌を患った家族も飲んでいましたし、私も予防のために一緒に飲んでいました。

癌は一概に食生活が原因とも言い難く、どんなに食事を気を付けていても、様々なマイナスの要因(仕事上のストレス、睡眠時間等)が重なると発症することもありますから、そういったメンタル的な事は予防も難しいかもしれませんので、食生活はしっかりと栄養のあるもの、それも過度に摂りすぎずにバランスよく摂り、不規則に暴飲暴食をしないように心がけることが大切だと考えます。

>>フコイダン サプリ 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です