癌に負けない体づくりは食事から考えましょう。

癌は誰もが突然宣告される可能性があり、治療の期間がかなりかかるか命にかかわる病気です。それを知らないうちに毎日の食生活等で、予防していくことを考えながら過ごすことができれば、後々大変な状態になってしまうことも防げるはずです。私は自分の家族が癌で亡くなっているため、幼いころより親が将来同じようなことにならないようにと、食事に関して癌になりやすい食生活を送らないように気を配って、いつも食事を作ってくれていました。その経験から、どんな食材をよく摂っていたか、またどんな食材を摂りすぎると癌になりやすいと言われているのかを紹介いたします。

一般的によく聴かれる話だと思いますが、まず塩分の摂りすぎは一番癌になりやすいと言われます。それは体内にあるミネラル等の栄養分のバランスが悪くなってきて、体を作っている細胞が働きが悪くなるそうです。最近では減塩のお味噌、醤油等の調味料が増えてきているのは、塩分に関しての認識がかなり広がってきて、病気の予防のためにも摂りすぎは良くないと知られているからです。

次に、積極的に使われていた、食べていた食材は、椎茸(きのこ類)、野菜(特にニンジン、ホウレンソウ等)、果物(りんごとレモン等)、ワカメ、納豆やキムチ(発酵食品)は、大体毎日調理法を代えて食卓に並んでいました。特に椎茸のゆでたものと、ニンジン、りんごはほぼ定番で必ず出てきていました。椎茸やワカメは古くから免疫力がアップするという事で、癌の予防の食材と言われていたそうで、これは腸内をきれいにするためにも良いです。ニンジンとりんごは、ジュースにして飲んでいましたが、それも家族が癌になった後で、食事療法を勧められた時当時担当のお医者様から、いくつかの食材を勧められた中で、この2つはジュースにして飲むと癌細胞が嫌がる成分が含まれていると聴き、その癌を患った家族も飲んでいましたし、私も予防のために一緒に飲んでいました。

癌は一概に食生活が原因とも言い難く、どんなに食事を気を付けていても、様々なマイナスの要因(仕事上のストレス、睡眠時間等)が重なると発症することもありますから、そういったメンタル的な事は予防も難しいかもしれませんので、食生活はしっかりと栄養のあるもの、それも過度に摂りすぎずにバランスよく摂り、不規則に暴飲暴食をしないように心がけることが大切だと考えます。

>>フコイダン サプリ 口コミ

初めてのジェルネイル

知り合いのネイリストさんに初めてジェルネイルをしてもらいました。自宅でしてもらったのですが、さすがプロだけあって様々な見たこともない道具がたくさんありました。まず甘皮を除去して爪をヤスリでこすり整えました。そして、付け爪をつけて固めます。この作業だけでも結構時間がかかりました。これで下地の完成です。様々なデザインの中から好きなデザインを選ぶのが私は1番ワクワクして楽しかったです。私の好みや雰囲気に合わせてネイリストさんが選んでくれた中から一つ選びました。

綺麗に下地を塗った後に色を塗り、一旦ジェルネイル専用の機械に手を入れ固めます。光を当てることで固まるので見ていて面白いです。固まったら、上から可愛くデザインを描いてもらって再度専用の機械で光を当てたら完成です。初めてジェルネイルをしてみましたが、通常のネイルと違いヨレたりすることがないので家事や水仕事をするのも気にせずできるのでいいなと感じました。普通のマニキュアでネイルをしていた時は乾かすのにも時間がかかり何もできない時間がもったいなかったです。子どもも小さいので抱っこも日常茶飯事なので、気がつくとよく剥げていました。

子育て中や家事や水仕事をしないといけない人は特にオススメです。ただ、マニキュアと違って一つ難点なのは外す時です。マニキュアは除光液で簡単に取れるのに対し、ジェルネイルは専用のリムーバーを使わないと取れません。しかも、自分でやると爪を痛めてしまうおそれがあるのでプロの方にお願いする方がいいです。

このようにどちらにもメリット、デメリットはありますが、私がどちらもやってみて気に入ったのはジェルネイルです。今はあまり時間もなくできていませんがまた少し落ち着いたらまたやりたいなと思っています。ネイルをすることで少し気持ちもウキウキします。女性として、オシャレを楽しむことはすごく大切だと思っています。旦那や子どもの為にもステキママになれるよう日々勉強中です。

>>ジェルネイルキット おすすめ 安い

コンブチャの基本的なことについて

近年の日本は菌活ブームで、健康や美容のために積極的に発酵食品を体に摂り入れていますが、その代表格のひとつといえば「コンブチャ」だと思います。コンブチャとは、「デトックス効果」や「抗酸化作用が高い」発酵飲料のことです。ハリウッド女優が片手にコンブチャを持っているところを写真に撮られたり、健康志向の強いセレブが清涼飲料水代わりに飲んでいることで有名になりました。

コンブチャの発祥の地はモンゴルです。ロシアでは伝統的に飲まれている発酵飲料で、日本でも一昔にコンブチャブームがありました。その時はコンブチャではなく「紅茶キノコ」と言われていました。紅茶キノコは、紅茶や緑茶に砂糖を加え、ゲル状の菌をさらに加え、発酵させた飲み物で、見た目がキノコのマッシュルームみたいな感じだったので、紅茶キノコと言われるようになりました。

コンブチャには、酵素やプロバイオティクス、乳酸菌、アミノ酸など含まれており、美容や健康に効果があります。あと、消化機能にも働きをかけるので、便秘の改善や体に溜まった毒素を体外に排出してくれるデトックス効果も期待できます。他にもダイエット効果や免疫力の向上、肝機能の改善、アンチエイジング効果なども期待できます。

海外では身近なスーパーで購入できるコンブチャですが、近年まで日本では販売されていませんでした。主に海外の通販が購入ルートでしたが、日本でも販売されるようになり、最近では気軽にコンブチャを購入することができるようになりました。家でもコンブチャもとい紅茶キノコを培養して、愛飲している人も多いそうです。飲み方も色々とあり、そのまま原液で飲む人もいれば、炭酸水や水で割る人、ヨーグルトやフルーツにかけてる人もいます。飲んだからすぐに効果が感じられるほどコンブチャには即効性があるわけではないので、長く続けて飲むことが大事です。そのためには色々な飲み方を知っておくと飽きが来ずにコンブチャを飲むことができ、健康や美容の効果を実感することができるでしょう。

>>コンブチャのダイエット効果のレポートはコチラ

コンブチャの優れた効果

多くの女性が美容面の維持に励んでいらっしゃると思われます。

サプリメントやコスメを日々駆使されている方も多いハズです。

しかし満足出来る効果を実感出来た方は少ないかと感じられます。

そんな美容面に気を配っている女性から人気となっているのが「コンブチャ」です。

多くのメディアは勿論、国内外のモデルや女優からも人気の高いドリンクとなっています。

そんなコンブチャの優れた効果をご紹介します。

・デトックス効果に優れている

コンブチャには乳酸菌を始め、プロバイオティックスや酵素が豊富に含まれています。

多くの女性が便秘や肌荒れを悩みとされています。

これは腸内環境の働きが低下してしまう事で、血流の悪化や体内器官の働きの低下によって起こってしまうのです。

しかし腸内環境の働きが促進される事で、便意や体内器官の働きが活発になったり、新陳代謝がアップし、体内に蓄積されている毒素や老廃物の排出にも?がり、デトックス効果が期待出来るのです。

・免疫力や抵抗力のアップ

コンブチャには多くのビタミン類が豊富に含まれています。

体内にあるビタミン類が不足してしまうと、細菌やウィルスに感染し易くなってしまう上、肌の潤いやハリも失われてしまい敏感肌や乾燥肌にも繋がってしまいます。

そんな美肌に欠かせないビタミン類がコンブチャは豊富となっているのです。

・ダイエット効果も期待出来る

コンブチャは成長作用を促進させる効果やデトックス効果に優れています。

この働きは体内細胞の活性化に欠かせない要素となっており、大きなダイエット効果が期待出来るのです。

さらにコンブチャにはポリフェノールも豊富に含まれている事で、より大きなダイエット効果を齎してくれるのです。

多くの女性から話題となっているコンブチャはあらゆる面において魅力満載となっているのです。

>>コンブチャ ダイエット 方法

抗がん剤の副作用も様々です

5年前、大腸がんを患いました。きっかけは職場での健康診断です。

毎年健康診断を受けており特に異常はありませんでした。しかしその年の健康診断で初めて血便が見つかり、精密検査を受けることになりました。

たまたま血便が見つかっただけ、とそれほど深刻には考えていなかったのですが精密検査の結果は大腸がんでした。

まさか自分が、そんな感じでした。信じたくない現実でした。

しかしそのままにしておくわけにもいきません。手術と抗がん剤で治療をすることになりました。

まずは腫瘍を小さくして少しでも切除する部分を少なくするために抗がん剤治療が始まりました。

私の母が以前に乳ガンを患い抗がん剤治療をした際には、脱毛の副作用が顕著に見られました。

ですので私も髪の毛がすべて抜けてしまうことを覚悟していました。

ところが私の使用した抗がん剤は副作用として脱毛は表れにくいもので、吐き気や嘔吐、食欲不振、手足のしびれが副作用として表れました。

特に気分の悪さは毎日ひどく、もちろん食欲もありません。少しでも口に入れようものなら、すぐに嘔吐してしまうのです。

抗がん剤の投与と服用は一定のサイクルがあるので、吐き気がひどく何も食べられない期間は栄養補給のために点滴も欠かせませんでした。

今思えばよく乗り越えられたなと思います。

抗がん剤の種類によって様々な副作用があることを初めて知ることとなった体験でした。

>>抗がん剤 副作用 軽減